静岡市駿河区 室内ドア レバーが下がったまま ドアが開いてしまう 錠ケース交換

今回は玄関の錠ケースの交換を行いました。


レバーが少し下がった状態になっていて以前に風で開いてしまったので直して欲しいとのこと。


お伺いした現場がこちら↓











確かに水平より下がってしまっていますね。


原因を確認してみると扉の中に入っている錠ケースのバネが経年劣化でヘタってしまってレバーの重さに耐えれなくなていました。


ということで錠ケースの交換でご案内。ご了承頂きましたのでお取り寄せして交換作業をさせて頂くことになりました。


無事商品が届きましたのでお客様と日程を合わせてお伺い。


では作業ですね。

まずは今の錠前を取り外して新しいものを用意。












右が新しいもので左がもともと付いていた錠ケース。レバーの差し込み口のあたりをみると劣化しているのがわかりますね。この黒いのは内部から出た油に擦れて出た金属の細かい粉などが付いたものです。


ということで右の新しい錠ケースを取り付けて、、













カバーとレバーをもとに戻せば、、

















無事水平にレバーが戻りました~


お客様にも実際に中から扉を押していただいて動作確認をしていただいて作業完了です!


室内ドアの錠前の修理、交換もぜひご相談ください!

この度は弊社をご利用頂きまして誠にありがとうございました!