top of page
検索
  • 有限会社プログレス

菊川市 トイレ 錠ケース交換

今回はトイレの錠前の修理にお伺いしました。


トイレのドアがレバーが下がって開いてしまうとのこと。


お伺いした現場がこちらです↓











あーこれは困りますねぇ。。(´・ω・`)


「手でレバーを押さえてないと開いちゃって大変で!」と笑っておられましたが実際こうなると確かに大変ですね。


これは扉の中の錠ケースの劣化が原因。


たまにこういった症状のときにケースの中のバネだけとかで交換出来ないの?とおっしゃられるお客様がおられますが、、















ちょっと分かりづらいですが錠ケースをご覧頂くと分かる通り分解できるように作ってないものが大半です。。

仮に分解できるものでも中のバネだけ!といった部品はメーカーさんが流石に出してないので洗浄や注油などで様子をみることは出来ても破損した内部の部品だけを交換するのはちょっと厳しいです(*_*)


ということで今回も錠ケースを新しいものと交換することになりました。


用意したケースを収めてレバーを付け直せば、、













完成!(`・ω・´)ゞ


無事レバーが勝手に下がらなくなって扉もきちんと閉まるようになりました!


お客様にも確認頂いて作業完了です!

室内の扉のドアノブ、レバーの修理や交換もぜひご相談下さい!

この度は弊社をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

Comments


bottom of page