top of page
検索
  • 有限会社プログレス

綾瀬市 玄関ドア 鍵穴に接着剤を入れられて開かない 解錠と交換

今回は玄関の鍵の開け作業にお伺いしました。


鍵穴に接着剤のようなものを入れられて家に入れなくなってしまったとのこと。


お伺いした現場がこちらです↓









GOALのV18と呼ばれるディンプルキータイプ。

写真だけだとわかりませんが鍵をお借りして確認すると先端1cmぐらいしか刺さりません。

鍵穴を覗く道具を使って見てみるとおっしゃる通り半透明のものが詰まっていました。


いたずらのようですが、一番たちが悪いいたずらです!!

こうなってしまうと鍵を開けても使えないので交換するしか方法がありません。なので解錠のみより確実に料金が高くなります。


お客様も大変お怒りでした。。

ということでお見積りをお話して作業に入ります。


鍵が全く動かないので今回は鍵を壊して開けます。










防犯上ちょっとぼかしてお載せしますがシリンダーを破壊して直接扉の中の閂を引っ込めてまずは解錠完了。


後は新しいカギをつけるために破壊したシリンダーを取り外して、、











新しいカギを取り付けて、、












完成。


急ぎの施工で手持ちの部品で交換させて頂いたので見た目は違いますが前と同じタイプのシリンダーで交換させていただきました。


最後にお客様に新しいカギで動作確認して頂いて作業完了です!


鍵があるのに開かなくなってしまった。という場合もぜひご相談下さい! この度は弊社をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

Comments


bottom of page