相模原市南区 トイレのドア ラッチ故障 交換

今回はトイレのドアレバーの修理にお伺いしました。


レバーが下がったままになってしまったとのこと。


お伺いした現場がこちらです↓














幸い扉は開いている状態ですね。

扉の中のラッチが壊れてレバーが上がらない状態。なので今回は壊れたラッチのみ交換させていただくことになりました。


レバーハンドルを外してカバーを外してラッチを引っこ抜いて、、











外したラッチを見てみると、、











割れて見事にバラバラになっています。


という事で新しいラッチを収めて外したカバーやレバーハンドルをつけ直せば、













はい!元通りきちんとレバーが効くようになりました!(`・ω・´)ゞ


後はお客様にも確認頂いて作業完了です!


今回は扉を開けたところでラッチが故障したようでお伺いしたときには扉が開いた状態でしたが扉がしまっている状態で故障すると扉の開け作業から必要になります。

どちらの場合も対応可能ですのでもしこういった事が起こってしまった場合もお気軽にご相談下さい!


この度は弊社をご利用いただきまして誠にありがとうございました!