top of page
検索
  • 有限会社プログレス

焼津市 自動ドア 錠前交換 扉取り外し必要

今回は自動ドアの鍵の交換にお伺いしました。


内側のつまみが回らなくなってしまった。外側からもかなり固いとのこと。


お伺いした現場がこちらです↓














見させて頂いたところ、内側のつまみが回りにくいのは錠ケースが原因、外側から回りにくいのは鍵穴の方の問題でした。


自動ドアの鍵は扉の一番下部についているのでどうしてもゴミなどが鍵穴に入りやすく、更に通常の鍵穴のように真正面からきちんと鍵が抜き差しされず、斜め上に引っ張りながら抜き差しされることが多いのでやはり通常の使用と比べると傷みやすかったりします。


ということで今回は錠ケースとシリンダー両方を交換させていただくことになりました。


シリンダーだけであれば付いていた部品は扉を取り外さなくても交換できるタイプなんですが、今回は錠ケースも交換するので扉を取り外す必要があります。


なので自動ドアの上の部分をあけて、、











扉を取り外して、、













ようやく部品を取り外せるところまで来ました。

ちなみにサムターンが変な位置で固まってカンヌキが少しだけ出た状態になってますね。


ということでこの壊れた錠ケースとシリンダーを新しいものに交換してから元通り扉を取り付けて、、











完成!(`・ω・´)ゞ


切っていた自動ドアの電源を入れていただいて自動ドア自体の動きと鍵の動き、両方動作確認頂いて作業完了です!


店鋪や施設の自動ドアの鍵の修理、交換もぜひご相談下さい!

この度は弊社をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

Comments


bottom of page