名古屋市守山区 室内 ラッチ 破損のため交換

今回は室内のラッチの交換にお伺いしました。


レバーを下げてもラッチが引っ込まなくなったとのこと。

お話しをお聞きすると扉は開いている状態とのこと。


おそらくラッチの故障だなぁという事でお伺い。


現場がこちら↓












ぱっと見はこわれていないように見えるんですが、これを外してみると、、、











はい、見事に壊れております(*_*)

上がめくれるように割れてますね。。


ということでラッチを新しいものに交換。

あとは外したレバーハンドルを再度取り付けて、、














完成!(`・ω・´)ゞ


お客様にもきちんとラッチが引っ込むようになったことを確認頂いて作業終了です!


室内ドアのラッチの破損は実は結構多いです。

というより、鍵がついていないタイプの室内ドアが開かなくなる原因の大半はこれが原因です。


鍵がついていないけど鍵屋さんで大丈夫?と思われる方がおられますが、これも空錠と呼ばれる立派な錠前の一種なので鍵屋さんで大丈夫です。


もし室内ドアが開かなくなってしまった、または幸いなことにドアが開いている状態でラッチが引っ込まないのに気づいたらぜひご連絡ください!


この度は弊社をご利用頂きまして誠にありがとうございました!