top of page

名取市 室内 トイレのドア ラッチ交換 

今回は室内のドアの錠前修理にお伺いしました。


トイレのドアが開かなくなってしまったとのこと。

前のご依頼があったのでそれが終わってからのお時間でお伝え。


幸い人が閉じ込められているとかではないし、トイレももう一箇所あるから大丈夫と快くお待ちいただけるとのこと。ありがとうございますm(_ _)m


ということで前のご依頼の作業を終わらせてお伺い。


現場に到着して確認させていただくと予想していた通りラッチが壊れてレバーを下げても開かなくなっている状態でした。


状況をお客様にご説明して作業内容とお見積りをご案内。ご了承いただきましたので作業に入ります。


まずは部品交換が出来るように扉が空いた状態にする作業から。


扉の隙間から道具を使ってラッチを引っ込めて、、












無事解錠。


後はこのラッチを交換しないといけないのでレバーハンドルなどなどを取り外して、、













新しいラッチを入れてからレバーなどをもとに戻せば、、













完了!(`・ω・´)ゞ


扉の開け閉めがきちんと出来るようになりました!


お客様にも確認頂いて作業終了です!


ラッチの故障は前兆があまりなく突然起こることもしばしばです。扉が開いていない状態で起こることも多くありますのでその場合は開け作業からさせて頂きます。もし運良く扉が開いている状態、また開いたという場合は閉めてしまうと開け作業が必要になってしまうのでぜひ扉が閉まらないようにしていただけると助かります。


この度は弊社をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

bottom of page