名取市 トイレのレバーの修理と扉の鍵の修理

今回はトイレの修理と鍵の部分の修理を両方行いました!


トイレの方はレバーが抜けかかってしまっている状態、扉の方は閉まりが悪い状態でした。


まずはトイレのほうがこちら↓














あらら、今にも取れそう。。


幸い部品自体が破損しているわけではなく緩んでいるだけでしたのでタンクの中の部品を閉め直して修理!














よし、完了。


次に扉の方ですがこちらは扉が木製で、長年の使用でラッチのかかる位置にきちんと受け口側が来ていない状態。

流石に扉を交換したり、反ってしまった木を戻したりするのは難しいのでお客様とご相談して対処療法ですが受け口側を少し加工して対応することにしました。

















ここですね。ストライクと呼ばれる部分です。


少し戸枠側を加工して金具も少しだけ加工して、、、













完成!

実際はミリ単位なので写真だけだとあまり変化がわかりませんが、きちんと扉が閉まるようになりました。


最後に各作業をお客様に確認頂いて作業完了です!(`・ω・´)ゞ


エリアにもよりますが同じスタッフで鍵と水両方のトラブルに対応できる場合もあります。

ご希望の場合はおっしゃっていただければ可能であれば両方できるスタッフでお伺いしますのでぜひご相談下さい!


この度は弊社をご利用いただきまして誠にありがとうございました!