刈谷市 窓の鍵 クレセント錠 修理 バネが切れている

今日は窓の鍵の修理にお伺いしました!


開け閉めするときに動かすレバーがフラフラになってしまっているとのこと。


お伺いして、確認してみるとたしかに途中で止まらずレバーが下がってしまう状況でした。


ということで分解して修理!!(`・ω・´)ゞ


原因はこちらでした↓


















この下に写っている小さなバネ、これが本来両端に引っ掛けるための輪っかがあるんですがそれが折れて片側しか引っかからない状態になっていました。


幸いバネの真ん中での破断などではなかったのでちょいとバネを加工して、、、










はい!両方に輪っか完成!

後はこれを戻して、、、








無事に部品の修理が完了。


後は元通りサッシにつけ直してお客様に動作を確認頂いて作業終了です!(๑•̀ㅂ•́)و✧


今回のように新しい部品に交換しなくても修理で済む場合もありますし、破損している箇所や程度によっては交換が必須の場合もあります。


どちらになるかは状況によっても変わりますので現場にて原因の見極めからさせて頂きます。 ぜひお気軽にご依頼下さい!


この度は弊社をご利用頂きまして誠にありがとうございました!