京都市右京区 玄関 鍵が空回りする 錠前交換

今回は玄関の錠前の交換にお伺いしました。


鍵が空回りするとのことで一度お見積りにお伺いしてご依頼いただいていた部品が届いたのでお取り付けにお伺いした次第です。


現場がこちら↓













今ついているのが248ですね。

この鍵は鍵の仕組み上、差し込む鍵が削れてしまって空回りするようになることが多いです。


防犯上も心配な鍵なのでシリンダー交換で直るかな?と思っていたんですが、、、原因はこっちでした↓













これは扉の中の錠ケースの方なんですが、、、交換する正常なものと見比べてみると、、

左が新しいもので右が故障している方。 真ん中の部分がガリガリに削れてますね。。(¯―¯٥)


こっちがこんだけ削れてるのはなかなか見ないですね ちなみに削れてしまっている部分に248だと本来は差し込む鍵の先端が引っかかって回るのでカンヌキなどが出てきます。

なので鍵の先端が削れてくると空回りするんですね。

ちなみに248より後の鍵は鍵の先端ではなくシリンダーの後ろに付いている部品が引っかかって回る仕組みに変わっているので差し込む鍵が削れて空回りするという症状はほぼなくなりました。


今回については結構長いこと鍵が固かったのを無理やり回していたと仰っておられたのでおそらくそれが原因ですかねぇ


なので錠ケースと防犯性の事も考えてシリンダーも両方交換して、、



















完成!(`・ω・´)ゞ


お客様にも確認頂いて作業完了です!


今回のように鍵を回した時に固い、引っかかるなどの症状を放置しておくとよりひどくなって鍵が開かなくなったりします。

できれば異常を感じたら早めの修理、交換をおすすめいたします。


この度は弊社をご利用頂きまして誠にありがとうございました!